オルトフォン MCカートリッジ MC20mk2

オルトフォン MCカートリッジ MC20mk2

 

カートリッジ ortofon MC20mkU

 

MC20MK2

 

 

MC20mk2

 

 

 1979年製で、MC20の後継機です。定価でMC20より20,000円アップの53,000円と、当時としては高価なカートリッジになりましたが、1988年まで製造されたロングラン商品でした。音質は基本的にMC20と同系統で、より「メリハリ」が出てSPUに近い「つや」と「まろやかさ」がプラスされたように思います。

 

 

 デンマーク製
 型番:MC20mk2
 発電方式:MC
 出力電圧:0.09mV
 針圧:1.5〜2g(1.7g)
 内部インピーダンス:3Ω(低インピーダンスです)
 セレクティブダンピング方式
 1979年発売
 定価:53,000円

 

MC20MK2

 

 

 3個目となるMCカートリッジです。2008年1月に中古で購入しました。購入価格は18,000円。
 このところ(2006年以降)、プレーヤー、カートリッジ、真空管アンプの中古価格は一段と上がりました。以前なら10,000円程度で購入できた商品です。規格データがなく、針圧すらはっきりと分かりません。MC20と同じ1.7gにセットしています。
 MC20のきれいなブルーからシャンペンゴールドの躯体になり、見た目は地味になりました。でも音はオルトフォンそのもので、とても優れています。

 

MC20MK2

 

MC20MK2

 

MC20MK2

 

針先は十分残っています。

 

MC20MK2

 

気になるのが、音量を絞ったときにカートリッジから音楽がはっきり聞こえること。
ダンパーが堅くなっているのかもしれません。しばらくエージングを行ってみます。

 

MC20MK2

 

 

 

標準カートリッジになりました。

 

 

 1年以上聴きましたが、飽きのこないとても優れた音です。メリハリがあり艶やかさも特徴で、低音もとても力強く出ています。クラシック、ヴォーカル、ジャズも何でもこなします。ジャズはちょっときれいすぎる気がします。ウチではDL−103に代わって標準カートリッジになりました。いずれSPUを入手することになるでしょう。それまでは大黒柱です。

PR