スピーカー ダイヤトーン DS-32B

スピーカー ダイヤトーン DS-32B

ダイヤトーン DS-32B 1979年製

 

ダイヤトーン

 

 

とりあえず聞ける安価な国産スピーカーが欲しいと思っていました。
できればヤマハとダイヤトーンは避けたいと思っていましたが、入手したのはダイヤトーンDS-32Bでした。ねらっていた日立ローディーHS-500は、10万円以上と高価すぎて手が出ませんでした。

 

 

ダイヤトーンでは、DS-35Bと言う機種が昭和50年代に私が欲しいスピーカーNo.1でした。
オーディオ店でDS-35Bとビクター(たぶん)SX-55を聴き比べたことがあります。この時は、DS-35Bはとてもおとなしい音で、くっきりはっきり聞こえたのはSX-55の方でした。ダイヤトーンを聴くのはこの時以来です。

 

 

ダイヤトーン

 

 

DS-32Bを選んだのは、タンノイと同じバスレフ式が欲しかったことです。
それと安価であることです。ペアで1,000円でした!
ダイヤトーンではバスレフは珍しい部類になります。
ウーハーは25cm。

 

 

1979年製。1台42,000円(当時)。
バスレフダクトが四角いのは前期モデルで、後期モデルは丸いダクトになっています。

 

 

ツイーターは、コーン型でした。チタンのセンターキャップがあって、一見ドーム型のように見えました。

 

 

ダイヤトーン

 

 

古いクロスエッジにありがちなのは、エッジの硬化です。
このモデルはまだ柔らかな方ですが、部分的に硬くなっているところもあります。

 

 

ダイヤトーン

 

 

ユニットもキャビネットもきれいで、40年近くたったものとは思えません。
しまわれたままだったのかも知れませんね。

 

 

 

さて、気になる音ですが、今まで単品ユニットはたくさん聴きましたが、チェビオットと比べるとどれも一聴して劣りました。ところがDS-32Bは、ほとんど違和感がありませんでした。とても似た傾向の音で、家で聴くには十分にくっきりはっきりと聞こえ、もしもSX-55だと耳につきすぎたかもしれません。ちょうどいい感じの音でした。

 

 

サリナジョーンズの「セイリング」、ビルエヴァンスの「Some day my prince will come」、ベートーベン「トルコ行進曲」などいろいろなジャンルを聴いてみました。低音は出ているのですが、不足気味です。これは多分にエッジの硬化があると思います。

 

 

25cmバスレフですから、もっと響くような低音が出るはずです。中音域はきれいなのですが、何か物足りない。これもエッジが関係しているかも知れません。高音域はとてもきれいです。ホーンとは違うコーンツイーターの音色なのですが、悪くはありません。

 

 

思っていた音色とは全然違う、チェビオットにも似たところがある音色でした。
中古でペア1,000円のDS-32Bは、価格を考えるとびっくりするほどの音でした。普通に聴く分には、仮のスピーカーだとしても問題なくいい音です。強いて言えば、良くも悪しくも国産スピーカーです。万能選手で何でもこなします。でも、弦が格段にきれいとかピアノがすばらしいとかシンバルが乾いているとかいう特徴がやや不足しているように思います。

 

 

サイズは見た目以上にかなり大型でした。1台19kgです。
エッジの軟化処理は必須でしょうから、次のページで書いてみます。

 

 

>>いまヤフオクで出ているDS-32B

 

 

 

PR